研究開発

研究開発

技術研究所

1981年(昭和56年)に「中央試験室」として開設し、1999年(平成11年)には社会環境・顧客のニーズの変化に対応するため、「技術研究所」と組織を変更し、環境、安全、耐久性、経済性の4つの技術を基本に先端技術の研究開発に取り組んできました。
2019年に設備を新たにし、「人にやさしい環境づくり」をモットーに、研究開発を進めてまいります。

技術研究所

業務内容

調査・試験

土、砕石、アスファルト混合物などの調査試験

土、砕石、アスファルト混合物などの調査試験

研究開発

新材料、新工法の開発

新材料、新工法の開発

技術研修

平坦性試験

新入社員などの技術系職員研修

案内図

フジタ道路株式会社 技術研究所

〒354-0044
埼玉県入間郡三芳町北永井603-2
TEL:049-258-0008
FAX:049-258-9481

ICT舗装の推進

ICTとは「Information and Communication Technology」の略で、意味は「情報通信技術」です。
ICT舗装は、舗設現場の測量から設計、施工、検査までの全過程でICTを活用します。

測量

測量

3次元測量
(TLS)

複雑な地形も測量可能となり、短時間で計測できるため測量時間が短縮できます。

設計

設計

3次元データによる
設計・施工計画

図面を3次元データ化することで、出来上がりのイメージがしやすくなり、精査も容易となります。

施工

施工

3次元データによる
情報化施工

施工中の測量作業が減少し、効率的かつ安全性が向上します。また自動化することで、手戻りが減り完成品の品質が向上します。

検査

検査

3次元データによる
管理及び検査

3次元データを活用した施工管理や検査書類の削減により、省人化が可能となります。

舗装に関する技術情報(論文)

用語集

道路舗装を中心によく使われる用語をまとめました。

用語集はこちらから