ヒートスルーサンド熱伝導保水スラグ舗装

HOME製品紹介ヒートスルーサンド【熱伝導保水スラグ舗装】

ヒートスルーサンド熱伝導保水スラグ舗装

‐透水・保水性高炉スラグ舗装に熱伝導率の高い骨材を添加‐

ヒートスルーサンド【熱伝導保水スラグ舗装】

ヒートスルーサンド(熱伝導保水スラグ舗装)は、透水・保水性高炉スラグ舗装に熱伝導率の高い骨材(けい石、廃瓦再生骨材、ガラスカレットなど)を最適な配合で組合せて、環境志向型の透水・保水性の機能と熱拡散性の機能を併せ持つ歩行者系舗装です。

特 徴

特長

・高炉水砕スラグは微細な多孔質な骨材であり、骨材間の間隙と骨材自体を含め「面全体で透水」するため、目詰まりが起きにくく、透水・保水機能が長期にわたり持続します。
・高炉水砕スラグの微細な多孔質の空隙に、表面からの雨水を貯留すると共に路盤に浸透した雨水も毛細管現象で吸い上げるため、長期にわたり蒸散効果が持続します。
・雨に濡れても滑りにくく、安全・安心に歩行できます。
・けい石等の熱伝導率が高い骨材を配合することで、夏季には表層の蓄熱を路盤へ伝導することで路面温度を低減します。
・冬季には路盤・路床の蓄熱を表層に伝導拡散することで路面凍結を抑制します。
・アスファルト舗装に比べて路面温度が15℃程度低減し、沿道の熱環境を改善します。

用 途

・歩道、遊歩道、広場
・建築外構、駐車場、ショッピングモール
・自然公園、防災公園、児童公園

PAGE TOP